2012年06月11日

強迫性神経症の薬物治療

強迫性神経症の薬物治療で使われるのは
うつ病の治療にも使われる「抗うつ薬」です。

強迫性神経症では、脳内の神経伝達物質である
セロトニンがうまく機能していないと考えられて
います。

脳の画像診断によると、強迫性神経症の人では
セロトニンが少ないことがわかっています。

そのため、セロトニンに働きかける「SSRI
が第1選択として使われています。

関連記事: 神経症の発症原因

「SSRI」はセロトニンが減らないように作用します。
セロトニンを増やすわけではありません。

また、SSRIは抗うつ薬ですから、うつ症状を併発
している場合は、その症状の改善も期待できます。

SSRIは、他の精神科の薬に比べて副作用が少ない
と言われています。ただし、個人差があり副作用が
強く出てくるケースもあります。

副作用としては、胸のむかつき、吐き気、
眠気、口の乾き、微熱などです。

精神科の薬は効果が出てくるまでに、ある程度の
時間がかかります。
人により異なりますが数週間
から数ヶ月かかります。

効果としては衝動の強さが、やや薄れるといった
ものであり、症状が完全になくなるわけではない
ようです。

劇的に治ることは期待せず、気長に服用する
心づもり
でいるのがいいと思います。

薬の効果については、「効果は浮輪のようなもの」
と譬えられています。浮輪があれば、沈まずに
とりあえずは浮いていられます。

でも、そのままでは浮いた状態でいるだけです。
自分で手足を動かして始めて前に進めます。

同じように、薬によって症状が薄らいでいる時に
症状への対処の仕方を身につける努力はする必要が
あります。

posted by メンタルハート at 19:50| 強迫性神経症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

医療機関を探す

今すぐ医療機関に行くかどうかは別にして、まずは
自分の住んでいる地域に、強迫性神経症を治療する
医療機関があるかどうかを調べてみましょう。

「精神科」「精神神経科」が代表的ですが、中には
「神経科」「メンタルヘルス科」を掲げている病院
もあります。

大学病院や国立の病院では専門的な治療を行なって
います。強迫性神経症の治療はしていなくても
何らかの情報を得られることもあります。

強迫性神経症は、医療現場では「強迫性障害」と
呼ばれています。

ネット検索で、「強迫性障害 治療 大阪(地域名)」
と打ち込んで探してみるといいと思います。

「強迫神経症」「神経症」「クリニック」「診察」
などの言葉を使ってみるのもいいでしょう。

少数ですが、強迫性障害の専門外来を開設している
クリニックもあるようです。

地域に適切な医療機関が見つかったなら、問い合わせ
てみて、質問に丁寧に答えてくれる所なら、訪問して
みることを検討していいと思います。

下記のサイトは参考になることが充実しています。
小さなことが気になるあなたへ
 
posted by メンタルハート at 22:53| 強迫性神経症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強迫性神経症のチェックリスト

同じ強迫性神経症でも、人により症状や程度の違い
があります。
強迫観念と強迫行為を詳しく調べる
ために使われるチェックリストがあります。

チェックリストの一部を挙げます。

【強迫観念】

・汚れやトイレ、バイ菌が過剰に気になる。
・ネバネバするものが過剰に気になる。
・他人を傷つけてしまうかもしれないと心配になる。
・病気になっているのではないかと過剰に気になる。
・身体の一部や外見が過剰に気になる。
・善悪や道徳に対して過剰に気になる。
・物の位置や対称性に対して過剰にこだわる。

【強迫行為】

・長時間、1日に何度も手洗いをする。
・洗い方に儀式的なきまりがある。
・他人が自分の持ち物に触ることを極端に嫌がる。
・家族に対して、清潔に保つことを過度に要求する。
・戸締りやスイッチなど何度も確認する。
・忘れ物をしてないかと何度も確認する。
・人を傷つけたのではないかと何度も確認する。
・あらゆることに対して、間違いを犯してないか
 と何度も確認する。

posted by メンタルハート at 20:14| 強迫性神経症 とらわれ症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あわせて読みたい
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。