2012年07月06日

神経症の治療場面(症例)

・【症例】35歳 女性

Nさんは学校卒業後、就職し結婚するまでは特に問題
はなく過ごしてきた。

夫が転勤して帰宅が夜遅くなるにつれ、不規則な生活
になり、ストレスを感じるようになる。

この頃から、風呂の排水口がすごく汚いものに思えて
きて、排水口の掃除ができなくなり、風呂に入るのも
苦痛になった。

洗濯の時に排水口のイメージが浮かんでくると、洗濯物
が汚れたように感じて、最初からやり直さずにはおれな
くなる、などの強迫症状が強くなったため入院治療を
することになった。

・【治療の経過】

Nさんの強迫症状として、
@手洗いの回数が多い。
A排水口のイメージが出るたびに手洗いをする。
B洗濯を何度もやり直してしまう。

入院中、Nさんは「病棟にはいつも看護師がいるので
安心感がある」と話し、病院内での強迫症状の程度は
自宅の時よりも軽く、苦痛は少なかった。

排水口のイメージが出てきても「看護師がいるから
大丈夫」と自動的に考えて不安が下がっていた。

不安階層表」を作成して、曝露反応妨害法を試みるが
「看護師がいるから安心」との自動思考が出て、効果が
実感できなかった。そのため退院することになる。

自宅に帰ってからは、そばに看護師がいないことから
排水口の強迫観念が出てくると、以前のように強迫行為
を繰り返すようになった。

Nさんが再度入院したとしても、そこでは「看護師が
いるから安心」という自動思考が出てきて、治療が
進展しないであろう、と判断した医師は、自宅で曝露
反応妨害法を行なうことにした。

自宅にいる時、排水口のイメージが出てきて強迫行為
をしたくなった時は、医師に電話をするようNさんに
指示をした。

電話がかかるたびに、「強迫行為を行ないたい時こそが
重要な治療場面であり、絶好の治療の機会ですよ」
と、医師はNさんに繰り返し説明する。

Nさんも、「ここが治療場面だ」と自分に言い聞かせて
いるうちに、強迫観念が起こっても徐々にではあるが
強迫行為をせずに済むようになっていった。

患者に応じて、「ここが正念場」「ここが勝負どころ」
「絶好のチャンス」などの“気持ちが動く”表現を使う
ことで治療が進展するケースがあることを示唆している。

posted by メンタルハート at 19:42| 強迫性神経症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あわせて読みたい
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。