2012年06月24日

神経症の再発防止@

強迫性神経症の症状が改善してきたら、自分の傾向性
をよく理解して再発を防ぐことが大切です。

強迫性神経症の悪循環を知って、それにハマらない
ようにすることが第一です。

関連記事:神経症状の悪循環

物事がうまくいかない時や、ストレスを強く感じる時
があるのは自然なこと。それが人生なのですから。

こんな時、焦ってしまうと悪循環に陥りやすくなります。
ストレスが完全になくなることはありません。
ストレスは生きるために必要なものだからです。

強迫性神経症の人は、ストレスを人一倍に強く感じて
しまう傾向を持っています。うまくいったことはあまり
評価せず、うまくいかなかった小さな部分を拡大して
気にしてしまいます。

また、真面目で融通がきかない、物事の受けとめ方の
偏りが大きい、などの特性があります。

そういう傾向性のあることを自覚したうえで、強迫症状
と上手につき合っていくことが求められます。

できなかった部分より、小さくとも「できた部分」に
意識を向けるといいでしょう。

「自分はどうして神経症なのだろう・・・」

と思い悩むものですが、原因をあれこれ考えても答えは
出て来ません。それよりも、どうすれば神経症と上手に
つき合っていけるかを考えるほうがいいのです。

曝露反応妨害法を行なうことで症状は軽くなります。
これは医療現場において実証済です。

ただし、完治するというよりは「寛解する」と捉える
ほうがいいと思います。何かのキッカケで強迫症状は
再発することがあるからです。

切り傷といった外傷なら完治しますが、心の病気と
言われるものは、生まれつきの要因も関わってきます。

「完治しないなら治療しても無意味」ではありません。
まさに、この考え方が「受けとめ方の偏り」なのです。

「症状が軽くなる」ことで、かなり気分が楽になります。

どんな物事にも「一長一短」があります。
強迫性神経症は悪いことだらけ、とは言い切れません。

「細かい所に気がつく」「人の感情に敏感」などの
長所になる部分も秘めているからです。

大事なことは、「自分の特徴」をよく理解したうえで
日常の出来事に対応していくことです。
posted by メンタルハート at 20:03| 強迫症状とのつきあい方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あわせて読みたい
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。