2012年06月22日

不潔恐怖の症例

Fさん(22 女性)
元々、几帳面な性格。大学時代、友人の女性と一緒に
アパート暮らしを始めた。ある時、友人が勝手に
Fさんのジュースを飲んだことから、友人のことが
嫌いになる。

それ以来、友人を不潔な人だと思うようになる。
同時に友人が触るものまで汚く感じるようになった。

Fさんの強迫症状の特徴として、嫌に思う人のことを
不潔と感じることです。「あの人は嫌だ」と思うと、
その人のことを不潔に感じてしまうのです。

そして不潔に感じる対象がどんどん増えていきました。
最初のキッカケは友人でしたが、他人が触れた物を
汚く思うようになったのです。

Fさんの不潔恐怖による強迫行為は、洗浄行為と回避
行為が中心。手洗い行為の頻度は多いのですが、
1回の時間は長くありません。

精神科病院で医師の指導のもと「不安階層表」を
作成し、それに基づいて曝露反応妨害法を開始。

病院内の電気のスイッチ、トイレのドア、ゴミ箱の
順番で、それらに触ることをしました。

医師は「触る時は覚悟を決めて、べったりとしっかり
触ること」をFさんに言います。

Fさんは強迫症状を治したい一心で治療に取り組み
ました。対象物に触る直前と触った直後は不潔恐怖の
感覚がかなり強いのですが、

そのままその状態を保っていると、徐々に気持ち悪さ
が薄らいでいくことを実感するようになったのです。

その後、病院内だけでなく、外のある自動販売機の
ボタンや公衆トイレのドアを触る曝露反応妨害を実行
しました。

現在も強迫症状はあるようですが、ある程度は自分で
コントロールできるまでになっています。
posted by メンタルハート at 19:04| 強迫性神経症 とらわれ症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あわせて読みたい
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。