2012年06月17日

強迫性神経症の特徴を知る

強迫性神経症では、本人が医療機関に受診するまでに
何年もかかることがあります。それは自分が神経症
であることを知らない
まま苦しんでいることが多い
からです。

強迫性神経症の人は「状況が変わることを恐れる」
といった傾向性を持つことが多いようです。

日常生活でも、行動に移す前から先回りして
あれこれと想像し、心配してしまうのです。

強迫症状に悩まされるのは嫌だと思いながら、受診
するのも怖いという板ばさみ状態になっているのです。

また、何かを決めることが苦手で「もう少し待てば
もっといい方法が見つかるのでは・・」と決断を
先延ばししてしまうこともあります。

「治療をしても、うまくいかなかったらどうしよう」
という不安や心配があるのです。

強迫性神経症では「失敗する」ことに強くこだわって
しまい、失敗をすごく悪いことだと考えてしまう人
が多いようです。

家族としては、
「うまくいかなかったら、別の方法でやり直せばいい。
何度でもやり直せばいい」

「このまま強迫症状に悩まされ続けるぐらいなら
思いきって治療を受けてみてはどうか」

という対応のスタンスを持つといいかもしれません。
早く治療するよう、本人をせかすような対応は逆効果
になることが多いと言われています。

完璧主義よりも「修正主義」でいくほうが気分的にも
辛くならないです。また、そのほうがうまくいく確率
も高まると思います。

タグ:医療機関
posted by メンタルハート at 19:52| 強迫性神経症に対する家族の対応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あわせて読みたい
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。