2012年06月14日

確認強迫への曝露反応妨害法

強迫性神経症の強迫症状は人によりさまざまです。
その中でも「確認」の強迫症状は多いと言われて
います。

誰でも外出する時は戸締りをしますが、確認強迫を
持つ人の場合、一度確認しただけでは安心できず、
何度も確認したい衝動に駆られます。

外出の途中でも「もしかしたら、きちんと締まって
いないかもしれない・・」と不安になり、確認の
ために家に戻ることもあります。

曝露反応妨害を行なう時は、外出の途中で不安に
なっても、そのままにして家には戻らないように
します。

本人にとっては、これは一つの挑戦です。

「誰かが家に侵入するかもしれない」という不安
と向き合い続けることになるからです。

強迫症状の軽減には、【不安と向き合う】
というプロセスが必要になります。

強迫観念そのものは自然に思い浮かんでしまうため
防ぎようがありません。強迫観念をなくそうとする
ほど、そこに意識が向いて、かえって強迫観念を
強めてしまいます。

強迫観念が出てきた時、それをどう受けとめるのか。
「受けとめ方」は変えることができます。

それによって強迫行為をしないようにすることは
可能なのです。

そうは言っても強迫衝動はかなり強いですから
簡単に理屈どおりにはいかないものです。

また曝露反応妨害法に取り組んだからといって、
すぐに改善されるわけではありません。

「強迫観念が起こり強迫行為をする」という悪循環を
断ち切るには、それなりの時間はかかります。

何年にもわたって続いてきたことは
すぐには変わりません。

ですが、何もしなければ強迫神経症が続きます。
時間はかかっても取り組むことで、強迫衝動は
弱くなっていきます。

神経症というのは、生まれつきの傾向性ですから
完全になくすことは難しいのですが、症状の軽減は
可能なことです。

完治を期待し過ぎると「いつまでたっても治らない」
と焦りの気持ちが強くなり、治療そのものを止めて
しまいかねません。

そうなると、ずっと強迫症状に悩まされ続けます。
完治ではなくても、軽減するだけでも価値は十分に
あると思います。

タグ:確認強迫
posted by メンタルハート at 19:39| 強迫性神経症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あわせて読みたい
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。